Win-Winの人間関係をつくるコミュニケーション講座。私たちの生活は多様な人間関係に囲まれています。コミュニケーションの理想は、Win-Win の関係作り。自分が攻撃的になることもなく、委縮することもない、相手もまた同じ。この講座では、その手法の「アサーション・スキル」を学習します。個人の働き方や組織の活性化をお考えになっている方のご参加をお待ちしています。

こんな方にお勧め!

顧客へのコミュニケーションに
不安のある方

組織内のコミュニケーションの
問題解決の糸口をお探しの方

自分の意見を
上手に相手へ伝えられず
お困りの方

今以上に
コミュニケーションスキル
を向上させたい方

アサーション・スキルに
興味のある方

講座のポイント!

アサーション・スキルが身につく

コミュニケーションの理想は、Win-Win の関係作り。自分が攻撃的になることもなく、委縮することもない、相手もまた同じ。この講座では、その手法の「アサーション・スキル」を学習します。

Excerciseを通じた自己発見

コミュニケーション・スキルを習得するには、まずじっくりと腰を据えて、自分自身と向かい合うことが大切です。そのため本講座では、復習問題ではなく、より高い学習効果を得られる、自己分析ができるポイント「Exercise」を学習の合間に多く取り入れています。

講座の詳細

世の中のICT(Information and CommunicationTechnology)化は、人と人との直接的接触を希薄化しつつあるように見えます。

しかし、その深層でコミュニケーションの重要性は益々増大してきています。なぜなら、多くの組織において、顧客、上司、同僚、他部署、取引先といった立場が異なる相手に対して自分の意見を伝える役割は、いくらICTが進んでも一向に減らないからです。

それにもかかわらず、私たちの多くがコミュニケーションの重要性は理解しながら、解決のための一歩が踏み出せていません。手がかりが必要です。

この講座はWin-Winの関係構築を解決の手がかりとする「アサーション・スキル」を紹介するものです。コミュニケーション問題の解決の手がかりを探しておられる方、延いてはICTと人間社会の調和をお考えになっている方に、受講して頂ければ幸甚です。

講師紹介:畔柳 修

プロフィール

畔柳 修(くろやなぎ おさむ) 1965年1月生まれ

大学卒業後、広告代理店、経営コンサルタント会社を経て『ライフデザイン研究所』を設立。 独立以前から、行動科学、Transactional Analysis、アサーティブ、ゲシュタルト療法、ポジティブ心理学、認知行動療法、ブリーフ・セラピー、システムズ・アプローチなどを精力的に学び、人材開発や組織開発に応用する。

『ライフデザイン研究所』(http://e-eap.com)では、「経営コンサルティング/組織開発」「人材開発/研修セミナー」「キャリア&心理カウンセリング」「ストレスチェック/EAPメンタルヘルス」の4つサービスを軸に『個人の輝きと職場の活性化』の実現に向けて、精力的に活動をしている。

主な著書
  • キャリアデザイン研修 実践ワークブック -若手・中堅社員の成長のために-(金子書房)
  • コミュニケーション基本の“き”(Kindle)
  • 最新版「 言いたいことが言えない人」のための本 -ビジネスではアサーティブに話そう!-(同文舘出版)
  • アサーティブ仕事術 -気持ちが伝わる!意見が通る!-(PHP研究所)

ホーム画面などのイメージ


カリキュラム

本講座を構成する教科は次の通りです。(教科の内容・配信順などは変更となる場合があります。)

教科タイトル 学習概要

第1章
接客場面における対人関係3つのタイプ ―アサーティブによる自分表現―

テキスト

1.あなたはどのタイプ? ―“患者応対”“頼まれごと”での3つの反応―
2.自分を抑え、相手を優先する「ノン・アサーティブ」
3.相手に対して否定的な感情や敵意を示す態度「アグレッシブ」
…他

第2章
無意識のうちにあなたを縛る思考の“クセ” ―なぜ素直に表現できないの?―

テキスト

1.感情は“誰の”もの?
2.「○○であってはいけない」と自分を縛る「思い込み」
3.レッテルを貼っていないか
…他

第3章
Win Winの関係づくり ―「思い込み」から抜け出すためのレッスン―

テキスト

1.対人関係・生き方の4つの基本姿勢
2.アサーティブを支える自己信頼 ―I’m OK ―
3.アサーティブを支える相互信頼 ―I’m OK & You’re OK―
…他

第4章
相互尊重の人間関係づくり ―言いにくいことでも表現し、伝えるためのレッスン―

テキスト

1.できないこと、やりたくないことに“No”と言ってもいい
2.怒りに変わる前に表現しよう
3.最も取り扱いが難しいのは、怒りの感情
…他

第5章
アサーティブに聴き、相手をほめよう

テキスト

1.伝える前に「聴く」
2.コミュニケーションはキャッチボール
3.“聴くこと”は積極的な行為
…他

第6章
職場に活かすアサーティブ ―率直で創造的な職場づくり―

テキスト

1.創造性豊かな職場づくり
2.さりげない“Iメッセージ”が、イノベーションを起こす
3.セルフケアには“素直な自分表現”が欠かせない
…他

カリキュラムの内容・配信順などは変更される場合がございます。

教材については、学習時間を1日15分、週6日の学習を想定して作成されております。実際の学習時間は個人差により左右されます。


受講環境

本講座を受講するには、次の環境を満たしていることが必要です。

■e-ラーニングシステムのご利用環境
パソコンOS Microsoft Windows® 8.1[32 ビット版/64 ビット版]
Microsoft Windows® 10[64 ビット版]
Mac®[最新版を推奨]
ブラウザ Microsoft Edge®
InternetExplorer®
Firefox®
GoogleChrome®
Safari®
スマートフォン
タブレット
Android®
iPhone®
iPad®等[いずれもOS は最新版を推奨]
一部配信教材の
ご利用環境
Word・Excel(Microsoft Office®)
その他 インターネット接続
E-mail のご使用

迷惑メール振分け防止のため、ORCAMOドメイン(@orcamo.co.jp)からのメールを受信できるようにご設定ください。


受講の流れ

本講座を受講するには、次の環境を満たしていることが必要です。

  • STEP1
    お申込み
    受講を希望する方は、本ページの内容及び利用規約をご一読のうえ、ページ下方にある「お申込み」からお手続きください。
  • STEP2
    お支払い
    受講料は一括前払いとなります。お支払いには、クレジットカード・銀行振込などがご利用できます。
    受講料をお支払い頂いた後の返金、受講生の変更はできません。予めご了承ください。
  • STEP3
    ご案内メール
    ご入金が確認でき次第、講座のご案内メールをご登録メールアドレス宛に送付いたします。なお、ご案内メールが迷惑メールとして処理されてしまうケースが多く発生しております。お申込み前にお使いのメールソフトやメールサーバーの受信設定のご確認をお願い致します。
    ご入金後15日を経過してもメールの受信がご確認できない場合は、ページ下方にある「お問い合わせ」または、日本医師会ORCA管理機構株式会社(03-5981-9681)までお問い合わせください。
  • STEP4
    受講開始
    本講座の開講日は受講料のご入金確認後にお送りする講座のご案内メール送信日、受講期限は開講日から183日間(約6ヶ月)です。
  • STEP5
    修了証の発行
    本講座の受講者のうち、次の要件を何れも満たした方に対して、日本医師会ORCA管理機構名で修了証(デジタル版)を発行します。

    修了要件
    ・受講期限内に全ての章の受講が完了していること。
    ・受講期限内に全ての章の演習問題の回答が完了していること。

    修了証はe-ラーニングシステムを通じてブラウザ上で発行されるデジタル版になります。修了証はブラウザの機能を使って印刷・保存が可能です。

注意事項

  1. お申込みの前に、必ず本ページの内容及び「e-ラーニングサービス利用規約」と「e-ラーニングサービス 個人情報の取り扱いについて」をご一読ください。
  2. お申込日によって消費税率が異なります。
  3. 受講料をお支払い頂いた後の返金、受講生の変更はできません。予めご了承ください。
  4. ご入金が確認でき次第、講座のご案内メールをご登録メールアドレス宛に送付いたします。なお、ご案内メールが迷惑メールとして処理されてしまうケースが多く発生しております。お申込み前にお使いのメールソフトやメールサーバーの受信設定のご確認をお願い致します。
  5. ご入金後15日を経過してもメールの受信がご確認できない場合は、お問い合わせまたは、日本医師会ORCA 管理機構株式会社(03-5981-9681)までお問い合わせください。

お電話での資料請求・お問い合わせ

弊社の書籍に関することや資料請求などお気軽にお問合せください。

0120-10-2525

平日午前9時〜午後6時(土日祝日を除く)