人事・労務基礎講座Ⅰ。迫る「働き方改革」に備え、医療機関や介護福祉関係で最も問題となる労働時間をはじめ、休日や賃金などの人事・労務の基礎知識を身につけていただけます。

こんな方にお勧め!

組織の人事・労務
担当の方

組織の管理職の方

医療業界の
「働き方改革」について
学習されたい方

新規開業をお考えの方

人事・労務の
基礎を学びたい方

人事・労務基礎講座IIを
受講された方

講座のポイント!

医療業界の特殊性を学習

人事・労務担当者が知っておくべき労働法の基本的知識に加え、医療業界の特殊性からくる制度や論点についても解説。進む「働き方改革」についての解説もあり、今後の医療業界を取り巻く人事・労務制度をしっかりと学習できます。

実際の判例を使った学習

制度や法律などの基本的知識の学習に加え、実際の判例を使った解説があります。制度や法律に対する裁判所の解釈や判決を見ることで、より深く理解に繋がります。

講座の詳細

労働基準監督署の立入り調査の対象となる医療機関が続出しています。この動きは働き方改革関連法の施行が迫る中、今後も定期的に繰り返されるものと予想されます。一方で、院内におけるパワハラやセクハラ、入学選考における女性差別などの問題が、医療業界のイメージダウンを招いています。

これらの問題が起こる原因はどこにあるのでしょうか。それは医療機関において二の次とされてきた人事・労務管理にあります。厚生労働省等の調査では、宿日直許可をとっていない施設が19.2%、36協定を締結していない施設は14.9%に上っています。

患者優先のため労働時間厳守が難しい現状ですが、それはもはや理由にはできません。実際に、大病院において夜間・休日の時間外割増賃金の追加支払いが十数億円となり、診療科目を減らさなければならないという経営上の大問題となったケースも発生しています。介護・福祉関係でも事情は同じです。

働く一人ひとりの問題は、組織の致命的な問題へとつながりかねません。人事・労務への知識や関心の低さは危機に直結します。

人事・労務基礎講座はIとIIで構成されます。基礎講座Iのカリキュラムは「カリキュラム」をご覧ください。基礎講座IIでは、「採用・内定・試用期間」「雇用差別の禁止」「配置転換・出向・転籍」「服務規律と懲戒」「安全衛生・労災」を学習します。

ホーム画面などのイメージ


カリキュラム

本講座を構成する教科は次の通りです。(教科の内容・配信順などは変更となる場合があります。)

教科タイトル 学習概要

第1章
労働時間・休日・休暇

テキスト

1.法律の規制について(労働条件の明示義務/労働時間に関する規制/休暇)
2.発生し得る問題点(始業時刻・終業時刻の変更/看護職の夜勤・交代制勤務について/特殊な労働時間制度の導入/宿日直・宿直・日直の取扱い/自己研鑽と労働時間の線引きについて)
3.判例の解説

第2章
賃金・賞与制度

テキスト

1.法律の規制について(賃金とは何か?/賃金の支払方法に関する原則/賃金の種類/賃金制度/割増賃金/賞与)
2.発生し得る問題点(賃金減額/期中での年俸額の変更/成果主義賃金体系への移行/社宅利用基準の変更)
3.判例の解説

第3章
退職金・年金制度

テキスト

1.法律の規制について(退職金とは何か?/退職金積立制度)
2.発生し得る問題点(退職金の全部又は一部の不支給について/退職金制度の変更・廃止)
3.判例の解説

第4章
有期労働契約

テキスト

1.法律の規制について(有期労働契約とは何か?/無期・有期の格差是正・誘導の法規制/労働者派遣法)
2.発生し得る問題点(有期労働契約の解消における注意点/定年後再雇用の留意点/初期研修医のアルバイトについて/無給医の問題)
3.判例の解説

第5章
退職・解雇・雇止め

テキスト

1.法律の規制について(退職/解雇/雇止め)
2.発生し得る問題点(採用内定の取消し、本採用の拒否/退職届提出後の解雇/懲戒処分の公表の可否/行方不明者に対する解雇/謝礼金の禁止について/降職の可否)
3.判例の解説

補足資料
安全配慮義務

テキスト

安全配慮義務とは/判例解説

カリキュラムの内容・配信順などは変更される場合がございます。

教材については、学習時間を1日15分、週6日の学習を想定して作成されております。実際の学習時間は個人差により左右されます。


受講環境

本講座を受講するには、次の環境を満たしていることが必要です。

■e-ラーニングシステムのご利用環境
パソコンOS Microsoft Windows® 8.1[32 ビット版/64 ビット版]
Microsoft Windows® 10[64 ビット版]
Mac®[最新版を推奨]
ブラウザ Microsoft Edge®
InternetExplorer®
Firefox®
GoogleChrome®
Safari®
スマートフォン
タブレット
Android®
iPhone®
iPad®等[いずれもOS は最新版を推奨]
一部配信教材の
ご利用環境
Word・Excel(Microsoft Office®)
その他 インターネット接続
E-mail のご使用

迷惑メール振分け防止のため、ORCAMOドメイン(@orcamo.co.jp)からのメールを受信できるようにご設定ください。


受講の流れ

本講座を受講するには、次の環境を満たしていることが必要です。

  • STEP1
    お申込み
    受講を希望する方は、本ページの内容及び利用規約をご一読のうえ、ページ下方にある「お申込み」からお手続きください。
  • STEP2
    お支払い
    受講料は一括前払いとなります。お支払いには、クレジットカード・銀行振込などがご利用できます。
    受講料をお支払い頂いた後の返金、受講生の変更はできません。予めご了承ください。
  • STEP3
    ご案内メール
    ご入金が確認でき次第、講座のご案内メールをご登録メールアドレス宛に送付いたします。なお、ご案内メールが迷惑メールとして処理されてしまうケースが多く発生しております。お申込み前にお使いのメールソフトやメールサーバーの受信設定のご確認をお願い致します。
    ご入金後15日を経過してもメールの受信がご確認できない場合は、ページ下方にある「お問い合わせ」または、日本医師会ORCA管理機構株式会社(03-5981-9681)までお問い合わせください。
  • STEP4
    受講開始
    本講座の開講日は受講料のご入金確認後にお送りする講座のご案内メール送信日、受講期限は開講日から183日間(約6ヶ月)です。
  • STEP5
    修了証の発行
    本講座の受講者のうち、次の要件を何れも満たした方に対して、日本医師会ORCA管理機構名で修了証(デジタル版)を発行します。

    修了要件
    ・受講期限内に全ての章の受講が完了していること。
    ・受講期限内に全ての章の演習問題の回答が完了していること。

    修了証はe-ラーニングシステムを通じてブラウザ上で発行されるデジタル版になります。修了証はブラウザの機能を使って印刷・保存が可能です。

注意事項

  1. お申込みの前に、必ず本ページの内容及び「e-ラーニングサービス利用規約」と「e-ラーニングサービス 個人情報の取り扱いについて」をご一読ください。
  2. お申込日によって消費税率が異なります。
  3. 受講料をお支払い頂いた後の返金、受講生の変更はできません。予めご了承ください。
  4. ご入金が確認でき次第、講座のご案内メールをご登録メールアドレス宛に送付いたします。なお、ご案内メールが迷惑メールとして処理されてしまうケースが多く発生しております。お申込み前にお使いのメールソフトやメールサーバーの受信設定のご確認をお願い致します。
  5. ご入金後15日を経過してもメールの受信がご確認できない場合は、お問い合わせまたは、日本医師会ORCA 管理機構株式会社(03-5981-9681)までお問い合わせください。

お電話での資料請求・お問い合わせ

弊社の書籍に関することや資料請求などお気軽にお問合せください。

0120-10-2525

平日午前9時〜午後6時(土日祝日を除く)