一覧

新型コロナ重症化に関与する抗体を発見<大阪大学微生物病研究所>

5月24日、大阪大学微生物病研究所教授の荒瀬尚氏らは、新型コロナウイルスの感染力を強化するだけでなく、重症化にも関与する可能性がある感染増強抗体を発見したことを発表した。荒瀬氏らは、COVID-19患者の免疫細胞から同定した76種の抗体について、新型コロナウイルス表面に発現しているS蛋白質に対する機能を解析した。その結果、S蛋白質を構成するドメインのひとつであるN端ドメイン(NTD)に対する抗体の中に、ヒトの細胞表面にあるアンジオテンシン変換酵素(ACE)2受容体への結合性を増加させる抗NTD感染増強抗体が存在することがわかった。さらに、この抗体が新型コロナウイルスの感染力を顕著に増加させることも判明した。
荒瀬氏らは、今後の詳細な解析が必要と指摘する一方、感染増強抗体の産生量を解析することで、重症化しやすい人を検査できる可能性や、感染制御法の開発にも役立つのではないかと述べている。

大阪大学微生物病研究所 研究成果

お電話での資料請求・お問い合わせ

弊社の書籍に関することや資料請求などお気軽にお問合せください。

0120-10-2525

平日午前9時〜午後6時(土日祝日を除く)